カタログセット無料プレゼント中

メニューを開く

デザイナーズコラムcolumn

2023/11/28

シングル煙突の危険性とは!?

シングル煙突の危険性とは!? 画像

みなさんこんにちは。

横浜市港北区を中心に輸入住宅を建てているブリリアントホームです。


以前の記事では煙突の役割についてのお話をしましたね。覚えていますか?

もしそちらの記事をご覧になっていなければご確認お願いしますね。

そして今回の記事では、煙突の具体的な種類のお話をしようと思います。

みなさんは、煙突にも種類があるのをご存知ですか?

それぞれに特性や用途があるのですが、今回は「シングル煙突」について詳しく見ていきたいと思います。

シングル煙突について初めに言っておくと、今ではほとんど使われていません。

なぜなら、デメリットが多く危険性もあるからです。

まず、シングル煙突の構造の特徴として、煙突は部屋から屋根を通り外へと突き出ていますが、その煙突全体が金属板一枚で出来ていて、断熱材が使われていないという点です。

そのために、薪などが焚き終わった後に、煙突内部が急激に冷やされることで、煤(すす)やタールが煙突内部に付着してしまいます。

そして、付着してしまうことで煙突内部の空気の循環がうまくいかなくなることで、薪ストーブや暖炉の燃えが悪くなってしまい、十分に部屋が暖められなくなってしまいます。

これだと暖炉や薪ストーブが家にある意味がなくなりますよね。


いかがでしたか?

シングル煙突はデメリットが多くあまりお勧めしません。せっかく煙突を付けるのならば、多少費用が高くなってもしっかりと煙突としての機能を果たしてくれるものが良いですよね。

次回の記事では、もう一つの煙突の種類についてお話しますので、そちらも必ず見てくださいね!


いかがでしたか。

横浜市港北区で輸入住宅・注文住宅に興味のある方はブリリアントホームにご気軽にご連絡ください。

https://www.brillianthome-lli.com/

Contact

理想のマイホームに一歩近づく

カタログセットプレゼント

多彩なデザインが見れるスタイルブック、
基本構造や住宅性能がわかる総合カタログなど
ブリリアントホーム最新情報とセットで
ご自宅へお送りします。

まずはここから! まずはここから!
TEL:043-306-7221
FREE 資料請求
カタログセット無料プレゼント中